検定試験は土壌に関する知識のみではなく、土づくりと作物の生育・収量・品質との関係を重視した出題内容とします。
受験区分と試験内容等は次の通りです。  

資格名

土壌医

土づくりマスター

土づくりアドバイザー

区 分

1級

2級

3級

試験回数

1

1

1

試験方法

学科試験+記述試験
 
+業績レポート

学科試験

学科試験

受験資格

土づくり指導または
 
就農実績5年以上

問わない

問わない

出題範囲

2級レベルの知識に加え、作物生育との関係での土壌診断と対策(処方箋)の指導ができる知識と実績

〔土壌化学性・物理性・生物性と農作物の安定生産・品質向上対策、農作物の生育障害と対策、環境負荷軽減と農作物の品質向上を目指した対策技術等〕

3級レベルの知識に加え、施肥改善の処方箋が作成できる知識
 
〔作物生育と化学性・物理性・生物性の診断、診断結果の対策、肥料・土壌改良資材、堆肥の種類と特色、主要作物の生育特性と施肥管理、土壌診断の進め方と調査測定等〕

土づくりと作物生育との関係の基礎知識


 〔作物の健全な生育と土壌環境、作物生育と土壌化学性・物理性・生物性との関連、土壌管理・施肥管理、主要作物の施肥特性、土壌診断の内容と進め方等〕

学科試験
 
問題数

・マークシート方式
 
 4者択一 50問(配点50点)
・記述方式(配点25点)

・業績レポート(配点25点)

60問

50問

回答方式

マークシート方式
 
4者択一

マークシート方式
 
3者択一

合格目標

100点中70点以上

ただし、「業績レポート」が20 点以上に達していなければ、全体で70 点以上でも不合格とする

60問中40問以上正解

50問中30問以上正解

※資格名は、試験合格後の登録申請(任意)により付与します。登録料が別途必要です。