土壌医検定とは

近年、野菜を中心として養分バランスの崩れによる生育障害や連作障害等が問題になるとともに、コスト低減の観点からで土壌診断による適正施肥が重要な課題となっています。
しかし、公的機関を中心として土づくりについてアドバイスや指導をできる人材が少なくなってきています。
このような現状を改善し、土づくりのアドバイスや指導を担う人材を多く確保するために、日本土壌協会では、土づくりに関心を有する人達の底辺を広げ、段階的にレベルアップしていけるような3試験区分の検定試験を実施することにしました。
試験の名称は、作物生育の健全性を維持するために土壌診断を通じて改善を行う専門家という内容から見て「土壌の医者」と言えることから「土壌医検定試験」と命名いたしました。
試験合格後は、当協会へ登録していただくことにより、「土壌医」資格の名称が使えます。また、資格登録者にはレベル維持・向上のための研修や情報交流の場を設けるとともに、土壌医の会の組織化を推進しています。

 

資格と技術レベル       

資格名

検定試験

レベル

土 壌 医

土壌医検定

1級

土づくりについて高度な知識・技術を有し、また、5年以上の指導実績又は就農し土づくりに取組んできた実績を有する者で、処方箋作成とともに施肥改善、作物生育等改善の指導ができるレベルにある者。

土づくりマスター

土壌医検定

2級

土づくりに関しやや高度な知識・技術を有するとともに、土壌診断の処方箋を作成できるレベルにある者。

土づくりアドバイザー

土壌医検定

3級

土づくりに関する基礎的な知識・技術を有し、土づくりアドバイザーとして対応できるレベルにある者。

  ※資格名は、試験合格後の登録申請(任意)により付与します。登録料(6,000円(税込))が別途必要です。

資 格

検定試験

レベル

 土 壌 医

土壌医検定1級

土づくりについて高度な知識・技術を有し、また、5年以上の指導実績又は就農し土づくりに取組んできた実績を有する者で、処方箋作成とともに施肥改善、作物生育等改善の指導ができるレベルにある者。

 土づくりマスター

土壌医検定2級

土づくりに関しやや高度な知識・技術を有するとともに、土壌診断の処方箋を作成できるレベルにある者。

 土づくりアドバイザー

土壌医検定3級

土づくりに関する基礎的な知識・技術を有し、土づくりアドバイザーとして対応できるレベルにある者。

 

検定試験・資格の活用例

[検定試験合格証の活用]

  • 自己の知識・技術水準の客観的評価と今後のレベルアップの目標設定として
  • 農業関係企業や団体等への就職活動のツールとして

[資格証の活用]

  • 専門家、指導者としての信頼感が向上
  • 有資格者の在籍する企業・団体においては、サービス品質が向上し、顧客満足度が増す

 

 

docter and soil